• 印刷する

ルノー、英国で5車種の販売を中止

仏自動車大手ルノーが、英国で5車種の販売を中止することを明らかにした。190店舗ある正規ディーラー網も約3分の1減らす計画。販売の低迷と、ポンド安が背景にある。ロイター通信が19日伝えた。

まずミニバン「エスパス」と中型車「ラグナ」、多目的車「カングー」について、予約受付を来年2月から中止。ミニバン「モデュス」とクーペロードスター「ウインド」の販売も取りやめる方向という。

ルノーの英国での新車登録台数は、1~11月に前年同期比29%減少。市場シェアは3.5%と1.2ポイント低下している。同社は、「ユーロ圏の債務危機の影響。対ユーロのポンド安により英国での事業環境が厳しくなっている」と説明した。

■来年の欧州自動車市場は縮小=幹部見通し

ルノーのカルロス・タバレス最高執行責任者(COO)は20日、来年の欧州自動車市場がわずかに縮小するとの見通しを示した。消費者心理が改善するまでは、厳しい業況になるとしている。


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

イングランドの都市封鎖、感染抑制効果薄く(01/22)

ガラスのピルキントン、ポーランド工場拡張(01/22)

HSBC、英国内で管理職340人整理も(01/22)

車部品ヒューランド、印社が株式取得(01/22)

ファイザー製ワクチン、英変異種にも有効か(01/22)

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン