• 印刷する

来年にもカード手数料の過度の徴収を禁止

政府は、クレジットカードやデビッドカードの支払いに対して航空会社やホテル、旅行会社などが過度の手数料を徴収することを禁止する規制の導入を計画している。欧州連合(EU)でも同様の規制を2014年半ばに実施する予定だが、英政府は一足先に2012年末までに施行する方針だ。デイビー消費者担当閣外相が23日に明らかにした。ロイター通信などが報じた。

カード手数料の徴収は航空会社のインターネット予約で特によくみられ、公正取引委員会(OFT)の試算では2009年の消費者の負担額は3億ポンドに上っている。新たな規制は実際の費用を超える手数料の請求を禁じるもので、小売業界全体にも適用される。

アイルランドの格安航空大手ライアンエアーでは、片道につき1人当たり6ポンドの手数料を徴収している。しかし同社は、これは予約手数料であり「カード手数料は一切徴収していない」として、今後も手数料を変更しない方針を示している。同社は、これが予約システムに関連した手数料であることをウェブサイトに明示しているうえ、同社のプリペイドカードを使えば手数料はかからないとしている。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: 金融運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン