KLM、食用油を燃料にした定期便就航へ

KLMオランダ航空は22日、バイオ燃料を使用した定期便を9月から運航すると発表した。 使用済みの食用油から作られたこの燃料は「バイオケロシン」と名づけられ、ホテルやレストランなどから出る大量の食用廃油を精製して作られる。同社は、使用に当たって従来のエンジンに手を加…

関連国・地域: フランスEUオランダ
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

オランダ失業率、5月は3.3%に改善(06/18)

エネコ、2035年までに実質的な脱炭素化(06/17)

食事宅配の欧州最大手、グラブハブ買収完了(06/16)

フィリップス、人工呼吸器400万台リコール(06/16)

KLM関連会社、水窃盗による解雇巡り勝訴(06/16)

欧州各国、英からの入国規制強化の動き(06/15)

ハイネケン、タイでブランド認知を強化へ(06/14)

シェル、豪北西大陸棚に他油田から補給も(06/14)

シェル、低炭素化戦略の見直し表明(06/11)

アクゾノーベル、中国工場に太陽光発電設置(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン