ポルトガル、多国籍企業に最低15%の法人税

ポルトガル政府は4日、グループ全体で年間の売上高が7億5,000万ユーロを超える多国籍企業に最低15%の法人税率を適用することを閣議決定した。これは経済協力開発機構(OECD)が2021年にまとめた国際的な法人税改革の一部で、欧州連合(EU)も同様の指令を策定しており、加…

関連国・地域: EUポルトガル
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポルトガル自動車生産、6月は13.7%減少(07/18)

極右・国民連合、欧州議会新会派に合流(07/10)

ポルトガルの再生エネ、電力需要の82%供給(07/09)

ポルトガル、多国籍企業に最低15%の法人税(07/08)

スペインとポルトガル、仏と電力接続協議へ(07/05)

ポルトガル新車登録台数、6月は8.4%減少(07/03)

医薬品フェアジャーニー、スイス社が買収(07/02)

ポルトガルのインフレ、2.8%に減速(07/02)

ポルトガル景況感、6月はやや悪化(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン