• 印刷する

英製鉄所のスト中止 印タタ、投資巡り協議提案

英国の労働組合ユナイトは1日、インドの鉄鋼大手タタ・スチールの英国従業員が計画していた7月8日からの無期限ストライキを中止すると発表した。タタ側が、閉鎖予定の高炉2基があるウェールズ南部ポートタルボット(Port Talbot)などへの将来的な投資について、協議する準備があると通知したことを受けて決定した。ユナイトは「重要な進展だ」と評価している。

ストに参加する予定だったのは、ウェールズ南部で働く従業員約1,500人。ストの中止に併せ、6月17日から実施してきた残業拒否などの順法闘争も見合わせた。民放大手ITVによると、タタは同社従業員が加盟する労組ユナイトやコミュニティー、GMBに宛てた書簡で、ストを中止する場合にのみ、閉鎖後の計画について新たに協議する場を設けると提案していた。

タタは製鉄所の低炭素化に向け、9月末までにポートタルボットの高炉2基を閉鎖し、電炉への転換を計画している。電炉は高炉と比べて少ない人員で操業できることから、タタは最大2,800人の削減を計画している。

ユナイトは6月21日、7月8日からのスト突入を発表。タタは6月28日、人員不足で安全に操業できない可能性があるとして、スト実施の場合はポートタルボットの二つの高炉を前倒しで数日中に閉鎖する方針を示していた。[労務]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 鉄鋼・金属雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

再生エネ目標、追加投資必要 30年までに480億ポンド=英国(07/24)

カーペットライト、同業が買収=1600人失職(07/24)

ハマーソン、バリュー・リテールの全株売却(07/24)

サウジ基金、セルフリッジズへの出資拡大へ(07/24)

エナージアン、イスラエル沖でガス開発(07/24)

ユニリーバ、フィリピンで新製品販売へ(07/24)

中国製バイオ燃料に追加関税 欧州委、不当廉売防止で暫定措置(07/23)

ビベンディ、有料テレビ含む3事業を分社化(07/23)

企業倒産件数、6月は17%増 09年以降2番目の水準に=英国(07/23)

三井不動産、英で物流施設事業に初参画(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン