化学業界の団交、6.9%賃上げで妥結

ドイツの化学業界の団体交渉が妥結した。鉱業・化学・エネルギー労組IGBCEは6月27日、化学業界の雇用者連盟であるBAVCと、6.85%の賃上げで合意に至ったと発表した。有給休暇の増加も達成した。 約1,700社の組合員、計58万5,000人が対象になる。賃上げは2段階で実施し…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

中国EV、ドイツで苦戦 魅力度調査、品質への信頼低く(07/24)

独レオニ、ルーマニア工場で360人削減へ(07/24)

水素網、業界団体が事業申請書を提出(07/24)

商業不動産デミレ、傘下4社が破産申請へ(07/24)

オンライン銀DKB、最大700人削減(07/24)

ソフトSAP、第2四半期は48%減益(07/24)

一汽VW、中国で79.8万台を販売=上半期(07/24)

月給中央値、23年は3796ユーロ=4%上昇(07/23)

中国製バイオ燃料に追加関税 欧州委、不当廉売防止で暫定措置(07/23)

電池ファルタ、破産前再生手続き申請(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン