シュコダ、EV移行鈍化=小型車の生産延長

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートは、生産を早期に終える予定だった小型車など3車種の生産を2030年まで延長する。電気自動車(EV)への移行が遅れており、小型車の高い需要が見込めるため。クラウス・ツェルマー最高経営責任者(C…

関連国・地域: チェコ
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

チェコの新原子炉、韓国KHNPが落札(07/19)

チェコとウクライナ、エネルギー協力で覚書(07/18)

鉄道車両タルゴ、チェコ同業が買収提案も(07/18)

南欧に熱波到来、気象警報や屋外労働制限(07/18)

ウェンディーズ、欧州開拓加速=2カ国進出(07/11)

極右・国民連合、欧州議会新会派に合流(07/10)

チェコ産業貿易省、原子力・新技術部門新設(07/09)

チェコ新車登録台数、6月は9.1%増加(07/08)

チェコ、コジェネ発電に補助金=32億ドル(07/04)

チェコ中銀、5会合連続利下げ=4.75%(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン