• 印刷する

ネクスペリア、独に2億ドル 次世代WBG半導体開発に投資

オランダの半導体メーカー、ネクスペリア(Nexperia)は27日、ドイツ北部ハンブルク工場の生産能力拡大に2億ドルを投資すると発表した。次世代ワイドバンドギャップ(WBG)半導体を開発するほか、シリコンダイオードとトランジスタの生産能力を増強する。

この投資により、新たな生産ラインを今後2年間で設置するとともに、既存のインフラの自動化を拡大する。またクリーンルームエリアを拡張し、研究開発(R&D)施設を新設して研究から生産へのシームレスな移行を進める。将来的にはWBG半導体の全製品を手がけるとともに、小信号ダイオードとトランジスタでは同社で最大の工場となる。

ネクスペリアは、世界の供給量の約4分の1に当たる年間1,000億個の半導体チップを製造する。欧州内で半導体を製造し、組み立てと包装を中国、インドネシア、フィリピンで行う。

ネクスペリアは、2018年に中国の半導体メーカー、聞泰科技(ウイングテック・テクノロジー)の子会社となった。このため欧州各国政府が安全保障上の問題を懸念し、ドイツ政府は昨年、バッテリー効率化技術の開発向けの補助金支給で、ネクスペリアを不適格としている。今回の投資も公的支援を受けずに行われる。


関連国・地域: ドイツオランダアジア
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

中国EV、ドイツで苦戦 魅力度調査、品質への信頼低く(07/24)

独レオニ、ルーマニア工場で360人削減へ(07/24)

水素網、業界団体が事業申請書を提出(07/24)

商業不動産デミレ、傘下4社が破産申請へ(07/24)

オンライン銀DKB、最大700人削減(07/24)

ソフトSAP、第2四半期は48%減益(07/24)

一汽VW、中国で79.8万台を販売=上半期(07/24)

月給中央値、23年は3796ユーロ=4%上昇(07/23)

中国製バイオ燃料に追加関税 欧州委、不当廉売防止で暫定措置(07/23)

電池ファルタ、破産前再生手続き申請(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン