スタットクラフト、再生エネ開発計画を縮小

ノルウェーの国営電力会社スタットクラフト(Statkraft)は27日、再生可能エネルギー開発の規模を縮小すると発表した。電力価格の低下やコスト上昇などで市場環境が厳しくなっていることを理由に挙げている。 新たな計画では、太陽光発電と陸上風力発電、蓄電施設は2026年以降に年…

関連国・地域: ノルウェー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日鉄と住商、アケルと油井管供給契約を更新(07/12)

会計ソフトのビスマ、クロアチア進出(07/10)

エネルギーのリガス、ルブミン港に水素ハブ(07/10)

日鉄と住商、エクイノールとの供給契約更新(07/04)

欧州水素機器メーカー、中国製の流入に懸念(07/03)

露産肥料が大量流入、食料安全保障に影響も(07/03)

ノルウェー、北極圏の不動産の売却制限(07/02)

INPEX、ノルウェーで新油ガス層を発見(07/01)

スタットクラフト、再生エネ開発計画を縮小(06/28)

KLP、米キャタピラーから出資引き揚げ(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン