デンマーク、畜産業炭素税を導入=世界初

デンマーク政府は25日、2030年から畜産農家に炭素税を課すと発表した。農業分野からの二酸化炭素(CO2)の排出に税金が課されるのは世界で初めて。課税額は、家畜からのCO2排出量1トン当たり実質120デンマーククローネ(約17ドル)で、牛1頭当たりでは年間100ドル超となる…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

CO2活用のアゲイン、4千万ユーロ調達(07/19)

紅海情勢、他地域にも影響が波及=マースク(07/19)

洋上風電第2期開発、デンマーク社が敗退(07/15)

極右・国民連合、欧州議会新会派に合流(07/10)

カールスバーグ、飲料ブリトビック買収(07/09)

日立造船、子会社イノバがデンマーク社買収(07/04)

海運マースク、DB物流部門の買収から撤退(07/03)

ノボノルディスクの肥満症薬、中国が承認(06/27)

ブルガリア、ユーロ導入基準に未達(06/27)

デンマーク、畜産業炭素税を導入=世界初(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン