• 印刷する

VW、米リビアンに50億ドル出資=合弁設立

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は25日、米国の新興電気自動車(EV)メーカー、リビアン(Rivian)・オートモーティブに最大50億ドルを出資すると発表した。両社は折半出資で合弁会社を設立し、次世代EVや車載ソフトウエアを共同で開発する。

VWはまず、2024年中に予定される合弁設立の際にリビアンに10億ドルを、25年と26年には各10億ドルを投入する計画。合弁会社やリビアンのマイルストーンの達成次第で、出資総額は26年までに最大で50億ドルに達するという。

VWは合弁会社を通じて、リビアンが保有する知的財産権を獲得。ソフトウエア・デファインド・ビークル(SDV)の開発を加速する方針だ。一方のリビアンは、26年前半に発売予定の中型スポーツタイプ多目的車(SUV)「R2」と「R3」の開発資金を確保した形だ。

VWのオリバー・ブルーメ最高経営責任者(CEO)は「この協力を通じて、最高のソリューションをより迅速かつ低コストでわれわれの車両に提供できる」と述べた。

リビアンは23年に54億3,200万ドルの純損失を計上。EVの需要鈍化を受けて業績不振に陥っており、4月には今年2度目となる人員削減を明らかにしている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

独レオニ、ブルガリア北部の工場閉鎖(07/22)

セルビア、リチウム開発事業でEUと覚書(07/22)

ダイムラー・トラック、バッテリー試験生産(07/22)

激動の欧州経済生き抜くには 専門家が解説=独で弊社セミナー(07/22)

EV重視の企業、採用活発=求人広告を分析(07/22)

リリウム、サウジからeVTOL50機受注(07/22)

生産者物価、6月は1.6%低下(07/22)

ドイツ鉄道、定時到着率は62%=上半期(07/22)

欧州の空の便、システム障害で混乱(07/22)

セルビア、欧州自動車3社とリチウム契約へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン