スロベニア、2033年までに脱石炭

スロベニア政府は、2033年までに石炭火力発電を廃止する方針を固めた。30年までの国家エネルギー・気候変動計画(NECP)の改定案でこの目標を打ち出すとともに、再生可能エネルギーの開発を加速するとしている。これにより、温室効果ガス排出量を30年までに55%削減することを…

関連国・地域: EUスロベニア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スロベニア、アゼルバイジャン産ガスで覚書(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン