肥料ヤラ、グリーン水素プラントを開所

ノルウェーの肥料大手ヤラ・インターナショナルは10日、南部ヘロヤの生産拠点に新設したグリーン水素プラントを正式に開所した。肥料生産におけるカーボンフットプリントを低減する取り組みの一環。電解容量は24メガワットと、欧州で稼働中の設備としては最大級となる。 グリーン…

関連国・地域: ノルウェーオランダ
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

リトアニア、クラスター弾禁止条約離脱へ(07/22)

肥料ヤラ、米ペプシコと提携=低炭素肥料(07/17)

日鉄と住商、アケルと油井管供給契約を更新(07/12)

会計ソフトのビスマ、クロアチア進出(07/10)

エネルギーのリガス、ルブミン港に水素ハブ(07/10)

日鉄と住商、エクイノールとの供給契約更新(07/04)

欧州水素機器メーカー、中国製の流入に懸念(07/03)

露産肥料が大量流入、食料安全保障に影響も(07/03)

ノルウェー、北極圏の不動産の売却制限(07/02)

INPEX、ノルウェーで新油ガス層を発見(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン