化学工場と国際空港が着工=ウズベキスタン

ウズベキスタン南西部ブハラ(Bukhara)で、太陽光発電所と化学プラント、国際空港の建設が始まった。5月末に行われた起工式には、ミルジヨエフ大統領が出席した。大統領府が発表した。 太陽光発電所はカラクル(Karakul)経済特区に設置される。発電容量は250メガワットで、202…

関連国・地域: ウズベキスタン中東
関連業種: 化学電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

化学工場と国際空港が着工=ウズベキスタン(06/05)

露、ウズベクで原発建設=中央アジア初(05/29)

露ウズベキスタン首脳会談=技術協力拡大へ(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン