ギリシャ、週6日勤務導入へ

ギリシャ政府は、熟練労働者不足に対処するため、7月1日から任意での週6日勤務を導入する。経済紙ハンデルスブラットが4日伝えた。 新制度の主な対象は、稼働時間が1日当たり12時間・週7日で、シフト制を採用している企業。電気やガスなどの公共事業を担う国営企業も対象と…

関連国・地域: ドイツギリシャ
関連業種: 雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア、縦断ガス回廊で工事発注(06/10)

ギリシャ、週6日勤務導入へ(06/05)

モルドバガス、ギリシャ企業とLNGで協力(06/04)

独カールマイヤー、ルーマニア工場建設へ(05/28)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン