ジョージア、「外国の代理人」法が発効

ジョージア(グルジア)で3日、外国から資金提供を受ける団体を規制する「外国の代理人」法が発効した。同法案にはズラビシビリ大統領が拒否権を発動したものの、議会が再可決し、パプアシビリ議会議長の署名により成立した。与党「ジョージアの夢」が過半数を占める議会が強行突…

関連国・地域: EUロシアジョージア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ジョージア、「外国の代理人」法が発効(06/04)

黒海エネルギー計画、4カ国が合弁設立(06/03)

ジョージア、「外国の代理人」法案が成立へ(05/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン