• 印刷する

若手医師、総選挙直前にスト 政府との賃上げ交渉、進展なく

英国医師会(BMA)は29日、BMAに加盟するイングランドのジュニアドクターが7月4日の総選挙直前に5日間のストライキを実施すると発表した。賃金引き上げを巡り政府と3カ月にわたり協議してきたが、進展がなかったためと説明している。

ストライキは、6月27日午前7時(現地時間)から7月2日午前7時までの予定。ただ、政府がジュニアドクターにとって受け入れ可能な賃上げ案を提示すれば、ストを撤回する。

BMAのジュニアドクター委員会は、「政府に対してはかねて、納得できる賃上げ案が示されない限りストを実施すると明確に伝えてきた」と説明。「スナク首相は今からでも医療従事者への配慮を示すことができる」とし、受け入れ可能な賃上げ案を選挙公約として打ち出すよう訴えている。

これに対しスナク氏は、今回のストのタイミングは「きわめて政治的に感じられる」と批判している。また、支持率で与党・保守党をリードする最大野党・労働党のストリーティング影の保健相は、「労働党が政権に就けば、ジュニアドクターと交渉してストを終わらせる」と強調している。

イングランドの国民医療制度(NHS)では、昨年来の医師の断続的ストライキにより約150万件の診療や治療が中止されている。ただ、看護師や救急隊員、シニアドクターはすでに政府の賃上げ案を受け入れている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、支持率で3位転落 総選挙大敗に現実味=世論調査(06/17)

労働党、マニフェスト公表=経済成長を優先(06/17)

住宅建設クレスト、同業からの買収提案拒否(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

英、ベトナム産製品94.4%の関税撤廃へ(06/17)

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

英政治への信頼、過去最低 コロナ以降の混乱原因=世論調査(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

「AIのリスク」熱論、スタートアップ祭典(06/14)

通信BT、メキシコ実業家が少数株取得(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン