仏大統領、ニューカレドニア到着=沈静化へ

フランスのマクロン大統領は23日、暴動が続いている海外領土のニューカレドニアに到着した。マクロン氏は中心都市ヌメアで現地指導者らと会談し、迅速に事態の沈静化を図る姿勢を強調した。ヌメアなどは選挙制度の変更に反対するデモが激化し混乱状態に陥っており、これまでに6人…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ITアトス、仏政府が戦略的事業に買収提案(06/17)

住商、エプシロンに出資=送電線需要に期待(06/17)

インフレ率、5月は2.3%に加速=改定値(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

仏選挙、極右勝利なら再生エネ開発に打撃(06/14)

AIミストラル、6億ユーロ調達(06/13)

ゲームのブードゥー、人気SNSアプリ買収(06/13)

アトス、ワールドグリッド部門売却で協議(06/13)

仏、フィリピンと協定締結=ODA可能に(06/13)

EU、社用車の電動化進まず=脱炭素化遅れ(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン