• 印刷する

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用

欧州連合(EU)理事会は21日、人工知能(AI)に関する規制法案を承認した。これにより同法は6月に発効し、2026年から全面的に適用される。包括的な規制法としては世界初で、国際的なAI規制に影響を及ぼす可能性がある。

法案は欧州委員会が2021年に提案し、昨年末に同委とEU理事会、欧州議会が大筋合意。今年3月に欧州議会が承認していた。

法案では、AIシステムを「最小限のリスク」「高リスク」「容認できないリスク」「特定の透明性リスク」の四つに分類。容認できないリスクに含まれるシステムを一律に禁止し、高リスクのシステムには透明性で厳格な義務の順守を求める。一方、特定の透明性リスクのあるシステムでは、AIが作成したコンテンツであることの明示などを義務付け、リスクが最小限のAIシステムには特別な規制は行わない。

また汎用AIモデルについては、システミックリスクを伴うモデルには厳格な規制を適用するが、それ以外では要件を限定的にしている。

全面適用は26年だが、予測的な取り締まりに使われるシステムや防犯・監視カメラの顔画像の目的のない収集・加工にAIを利用することや、政府がデータに基づいて市民の信用を格付けする「ソーシャルスコアリング」は、発効から6カ月後に禁止される。また、汎用AIモデルに対する義務は発効から1年後に適用される。

EU域外の企業も、AIプラットフォームでEUの顧客データを使用する場合は同法への順守が必要になる。また域外の国や地域でもEUのAI規制法を元に新たな法規を策定する可能性もあり、世界的に影響が及ぶ見込みだ。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

クロアチア、クリーン水素開発でEUと提携(06/20)

EU、中国との関係が大幅悪化も=貿易摩擦(06/20)

中国、モロッコで欧州向け電池製造を加速(06/20)

次期NATO事務総長、オランダ首相が有力(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は0.2%減少(06/20)

EU、印鉄鋼の輸入制限延長(06/20)

シンガポール社、欧州で砲弾受注(06/20)

欧州委、中国製チタンに高関税か(06/20)

EU、トップ人事で結論先送り=月内再協議(06/19)

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン