三菱重工、CO2回収で実証試験=ベルギー

三菱重工業は21日、鉄鋼世界最大手アルセロール・ミタル(ルクセンブルク)がベルギー北西部ヘント(Ghent)に保有する製鉄所の高炉に二酸化炭素(CO2)回収装置を設置し、実証試験を開始したと発表した。試験は、オーストラリアの資源大手BHPグループと、三菱デベロップメン…

関連国・地域: ベルギールクセンブルクアジア
関連業種: 化学電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州3カ国で電動航空機の国際便が就航(06/20)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

バス製造VDL、北マケドニアで拠点取得(06/14)

川崎汽船、ベルギーTESとeメタンで提携(06/14)

製薬リヒター、ベルギー同業の資産取得(06/14)

EU、社用車の電動化進まず=脱炭素化遅れ(06/13)

高級NEVの嵐図汽車、スペインに販売拠点(06/12)

ボルボ・カー、中国から欧州にEV生産移管(06/11)

ベルギー首相が辞意表明=国政・欧州選大敗(06/11)

輸送管理ソフトのカーゴ、1100万ポンド調達(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン