送電テネット、独事業の代替売却先検討

オランダの送電大手テネット(TenneT)は16日、ドイツ子会社の独政府への売却交渉が難航しているため、他の事業者への売却や新規株式公開(IPO)を検討していることを明らかにした。同社は送電網拡張に向けて大規模な投資計画を掲げており、資金確保を急いでいる。 テネットは…

関連国・地域: ドイツオランダ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

米、オランダと日本に半導体規制強化を要請(06/20)

ジャスト・イート、欧州で米アマゾンと提携(06/20)

欧州3カ国で電動航空機の国際便が就航(06/20)

次期NATO事務総長、オランダ首相が有力(06/20)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

オランダのインフレ率、5月は2.7%(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

韓国LS、オランダ向け送電ケーブル量産(06/17)

フィリップス、北部工場で400人削減へ(06/14)

バス製造VDL、北マケドニアで拠点取得(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン