• 印刷する

排出削減法案を最終承認 EU理事会、大型車対象に9割減

欧州連合(EU)理事会は13日、域内で新たに販売される大型車両を対象にした二酸化炭素(CO2)排出削減法案を最終承認した。2040年までに19年比で90%削減する内容で、官報に掲載した後、20日以内に発効する。

対象は7.5トン超の大型トラックやバスのほか、ごみ収集車、ミキサー車など。排出量について19年比で、30~34年に45%、35~39年に65%それぞれ減らし、最終的に40年に90%削減を達成する計画だ。

都市バスにはさらに厳しい目標を設けている。30年までに排出量を90%削減し、新たに導入する車両を35年までに全てゼロエミッション車(ZEV)とする方針だ。

ロイター通信はEUの関係者の話として、イタリアとポーランド、スロバキアが反対票を投じたと報じた。チェコは棄権したという。

欧州を走る大型車両のほとんどはディーゼル車で、大型車両の排出量は道路輸送全体の4分の1を占める。EUは電気や水素燃料電池(FC)といったZEVへの置き換えを促している。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用(05/22)

ポーランド、EV購入に大規模助成=中古も(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン