石油トタル、第1四半期は22%減益

フランスの石油大手トタルエナジーズ(旧トタル)は26日、第1四半期(1~3月)の純利益(在庫評価変動の影響と特別要因除く)が51億1,200万ドルとなり、前年同期比22%減少したと発表した。精製マージンは上昇したが、ガス価格の低下が響いた。 売上高は10%減の562億7,800万ド…

関連国・地域: フランス
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日立エナジー、洋上風力発電の変換所建設へ(05/20)

失業率、第1四半期は横ばいの7.3%(05/20)

PSMC、先進分野での台仏協力を提言(05/20)

ケリング、シンガポール大と気候変動研究(05/20)

G7、露資産によるウクライナ支援で合意へ(05/20)

仏領ニューカレドニアで暴動=非常事態宣言(05/17)

商船三井、トタルとLPG船契約=環境配慮(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

燃料管理オープンエア、比航空と提携(05/17)

ルノー、自動運転ミニバス開発へ(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン