金融アポバンク、300人削減=組合員離れで

医師や薬剤師を主な組合員とするドイツの協同組合銀行アポバンク(apoBank)は11日、行員の1割超に上る約300人を削減すると明らかにした。2年以内に実施する方針。金利上昇を追い風に業績は好調だが、基幹システム移行時の不手際が原因で組合員離れが進んでおり、コスト削減が急…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品金融雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

独リドル、ボスニアで物流センター着工(05/29)

独に債務ブレーキ緩和を提言 IMF「公共投資増やすべき」(05/29)

ABNアムロ、独プライベートバンクを買収(05/29)

スロベニア、独企業の投資先として人気首位(05/29)

製菓ハリボー、新工場の建設計画=独西部(05/29)

車いすのサンライズ、今夏にIPO実施(05/29)

医薬品容器ゲレスハイマー、米で工場拡張(05/29)

中国VW合弁、従業員削減へ=販売伸び悩み(05/29)

ポルシェ、中国ディーラーと「密に協力」(05/29)

バイエル、中国で健康消費品拠点を建設へ(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン