• 印刷する

鉄鋼ティッセン、人員削減へ 年産能力縮小で大規模な再編計画

ドイツの鉄鋼・エンジニアリング大手ティッセンクルップは11日、不振が続く鉄鋼部門の大規模な再編計画を発表した。年産能力を22%縮小し900万~950万トンとする。これに伴い、大幅な人員削減が行われる見込みだ。同社は長期的な雇用維持に向けて努力するとしているが、今後、今回の計画以上の減産や整理が行われる可能性もある。

同社はこの日開催した監査役会で、鉄鋼の生産量を現在の年間約1,150万トンから大きく引き下げると発表。現時点で人員削減の具体的な人数は明らかにしていないが、欧州で雇用する約2万7,000人の大半がドイツ西部ノルトライン・ウェストファーレン州のデュイスブルク(Duisburg)製鉄所を中心とする鉄鋼部門で働いているため、相当数に影響が及ぶとされる。

ティッセンクルップは今回の再編計画について、「世界の鉄鋼産業は需要の落ち込みにより低迷が続いており、現在の経済情勢に対応するための判断」だと説明。人員整理は鉄鋼部門に限らず、管理部門やサービス部門にも波及する可能性があるとしている。

ティッセンクルップは労働組合と、2026年3月までは鉄鋼部門で人員整理をしない取り決めを結んでいる。だが国内最大労組の金属産業労組IGメタルは今年2月、組合員に対し「最悪の事態」に備えるよう呼びかけていた。今後はティッセンクルップとIGメタルの間で、リストラ計画を巡る議論が進められる見込みだ。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 鉄鋼・金属雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独リドル、ボスニアで物流センター着工(05/29)

独に債務ブレーキ緩和を提言 IMF「公共投資増やすべき」(05/29)

ABNアムロ、独プライベートバンクを買収(05/29)

スロベニア、独企業の投資先として人気首位(05/29)

製菓ハリボー、新工場の建設計画=独西部(05/29)

車いすのサンライズ、今夏にIPO実施(05/29)

医薬品容器ゲレスハイマー、米で工場拡張(05/29)

中国VW合弁、従業員削減へ=販売伸び悩み(05/29)

ポルシェ、中国ディーラーと「密に協力」(05/29)

バイエル、中国で健康消費品拠点を建設へ(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン