BYD、アゼルバイジャンに電気バス工場

アゼルバイジャンの経済省は9日、同国で中国の電池・自動車大手BYD(比亜迪)が電気バス工場の建設を計画していると発表した。投資額は3,400万ドルで、2025年の操業開始を予定する。 建設地は、首都バクー近郊のスムガイト(Sumgait)にある化学工業団地内。年産台数は500台を…

関連国・地域: アゼルバイジャンアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コカ・コーラ、アゼルバイジャンに第2工場(05/22)

トルコ、アゼルバイジャンとガス輸入協定(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン