• 印刷する

米製薬イーライリリー、独西部で工場着工

米国の製薬大手イーライリリーは8日、ドイツ西部ラインラント・プファルツ州のアルツァイ(Alzey)で工場の建設を開始した。糖尿病・肥満症治療薬などの需要拡大に対応するためで、23億ユーロを投資する。2027年の操業開始を目指している。

建設は夏に本格化する予定。完成後は主に注射薬を生産する計画で、最大1,000人の専門職人材が工場で勤務する見込み。専門職人材の採用にあたって、すでに周辺地域の大学とのネットワークづくりを活発化させている。

起工式に出席したショルツ首相は、「東西ドイツの統一以来、製薬業界としては最大規模の投資だ」と述べ、製薬および産業拠点としてのドイツの魅力を示す、喜ばしいシグナルだと自信を示した。[労務]


関連国・地域: ドイツアジア米国
関連業種: 医療・医薬品雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

ルノー、独VWとの共同開発断念=小型EV(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

診療予約サイトのドクトリブ、独AI社買収(05/23)

社会保障・利払い費の抑制必要=財務相(05/23)

アディダス、中国社をサプライヤーに認定(05/23)

アウディ、タイでEV修理施設を増強(05/23)

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン