仏ルノー、スロベニアで新型EV生産=26年

フランスの自動車大手ルノーは、小型電気自動車(EV)「トゥインゴ」の廉価版新モデルを、スロベニア南東部のノボメスト(Novo Mesto)工場で生産する方針だ。EV・ソフトウエア子会社アンペア(Ampere)が今月中にもエンジニアリング作業を開始し、2年以内に量産体制に入る。…

関連国・地域: フランススロベニア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スロベニア、アルジェリアのガス輸入拡大(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

スロベニア、独企業の投資先として人気首位(05/29)

ぺトロル、EV充電網拡大=中東欧2カ国で(05/15)

オーストリア社、スロベニアで再生エネ事業(05/14)

スロベニア、半導体研究所を設置へ(05/13)

DEM、風力タービン建設=補助金支給も(05/13)

電装品イスクラ、クロアチア社に50%出資(05/10)

エバーサム、独ZFと自動運転ミニバス開発(05/10)

クロアチアBPO大手、スロベニア社買収(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン