• 印刷する

中銀、金利と量的緩和策を据え置き

英中銀イングランド銀行は5~6日に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利を過去最低の0.5%に据え置くと発表した。据え置きはこれで42カ月連続。金融資産購入による量的緩和策については、7月に規模を500億ポンド拡大したが、今回2カ月連続で3,750億ポンドに据え置いた。

今回の資産購入プログラムは11月に終了する。アナリストの間では、中銀がその時点で金融緩和策の効果や景気動向を見極めた上で、新たに買取を開始するかどうかを判断すると見る向きも多い。また、欧州中央銀行(ECB)がこの日に国債購入の枠組みを明らかにするとの期待も、様子見の態度を促した可能性がある。

BBC電子版によると、英産業連盟(CBI)のアンナ・リーチ首席経済アナリストは、「今後、経済がわずかに悪化しただけでも、資産購入プログラムは延長されるだろう」と述べている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、グリーン投資サミット開催 排出量ゼロ化へ計97億ポンド確保(10/20)

英政府、EV補助含む排出ゼロ戦略を発表(10/20)

英政府、家庭暖房の低炭素化に4.5億ポンド(10/20)

デルタ株の進化系、感染力はデルタ以上か(10/20)

英当局、ヒースロー使用料引き上げ案を提示(10/20)

クラーナ、英国で即時の全額決済を追加(10/20)

ウェールズ、独立検討の憲法委員会を新設(10/20)

ITのソフトライン、英露上場の仮条件設定(10/19)

英でEV部品生産に投資 フォード、販売目標達成に前進(10/19)

バルネバ、治験でアストラ製に優位性示す(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン