アフトバス、アゼルバイジャンで組立開始

ロシアの自動車最大手アフトバス(AvtoVAZ)は、アゼルバイジャンで主力ブランド「ラーダ」の車両の組み立てを開始した。今年は最大1,500台を生産する計画。同社の発表を元に、インタファクス通信などが伝えた。 生産を開始したモデルは「グランタ」で、将来的には「ニーバ・レジ…

関連国・地域: ロシアアゼルバイジャン
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

BYD、アゼルバイジャンに電気バス工場(04/11)

EU、アルメニアに2.7億ユーロ支援(04/09)

アフトバス、アゼルバイジャンで組立開始(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン