独首相、テスラ工場拡張支持 環境への懸念で住民の多くが反対

ドイツのショルツ首相は、米国の電気自動車(EV)大手テスラのベルリン近郊グリューンハイデ(Gruenheide)工場の拡張計画を支持すると表明した。住民の多くは環境への懸念から工場拡張に反対しているが、強行も辞さない構えだ。ドイチェ・ウェレが伝えた。 グリューンハイデ工場…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マーレ、ボスニア北部に新工場を開設(04/25)

英独首相がベルリンで会談 防衛・安保面での連携強化で合意(04/25)

ユーロ圏PMI、4月は上昇 2カ月連続で分岐点越え=速報値(04/25)

独紳士服ヒューゴ・ボス、露事業売却(04/25)

米EVテスラ、独工場で400人削減(04/25)

Ifo企業景況感、4月は改善(04/25)

オランダ鉄道、独子会社売却で国外事業撤退(04/25)

独Z世代の右派政党支持率、2年前の2倍超(04/25)

英、ウクライナに追加支援 5億ポンドの軍備供与を約束(04/24)

ICE車販売禁止は実現困難 EUの35年目標=欧州会計監査院(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン