ユニリーバ、拠点再編で800人整理

英蘭資本の消費財大手ユニリーバは14日、6月に発表した拠点再編に伴う約800人の削減計画を実行に移すことを発表した。3カ月の検討期間を経て正式に決定した。

同社は来年末までに、ウェールズ南部スウォンジー(Swansea)とイングランド中部スラウ(Slaugh)の工場を閉鎖する。また、ウェールズ南部ブリジェント(Bridgend)の物流センターに加え、2014年には同北部エウロイ(Ewloe)のIT(情報技術)センターも閉鎖する。

一方、同社はイングランド北西部ポートサンライト(Port Sunlight)の拠点に4,000万ポンドを投じ、新たに工場とITセンターを開設。エウロイの従業員400人を移管するほか、150人を新規雇用する。また、ウェールズ北部ディーサイド(Deeside)の第三者施設を新たに同工場の物流拠点とし、50人を採用する。エウロイの人員の一部はインド南部バンガロールのITセンターにも移管する予定。

この結果、最終的に全体で正社員約500人のほか、派遣社員や下請け業者など約300人が整理される見通し。多くの拠点が閉鎖されるウェールズでは経済的打撃を懸念する声が上がっている。ポートサンライトは19世紀後半にユニリーバ創始者が従業員のために開発した町。今回の拠点再編は歴史的ルーツへの回帰ともいえる。


関連国・地域: 英国オランダアジア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信化学・石化製造一般金融・保険商業・サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン