JAL、エアバスなどから新型機42機導入

日本航空(JAL)は21日、欧州航空・防衛最大手エアバスと米航空機大手ボーイングから計42機の新型機を導入すると発表した。今後成長が見込まれている北米・アジア・インド路線を中心に機材を増やす狙いだ。 エアバスからは、現在国内線の主力機材として運航している「A350―9…

関連国・地域: フランスEUアジア米国
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

電池ベルコル、工場建設へ13億ユーロ調達(05/29)

仏軍、近くウクライナに訓練指導者を派遣か(05/29)

仏、ニューカレドニアの非常事態宣言を解除(05/29)

マクロン氏、ドイツ国賓訪問 欧州議会選に向け両国の結束強調(05/28)

中部リヨン、地下鉄で刃物襲撃=4人負傷(05/28)

仏大統領、ニューカレドニア到着=沈静化へ(05/24)

光学機器エクソセンス、パリでIPO実施へ(05/24)

ラガルデール、パリマッチをLVMHに売却(05/24)

フランス24放送中断、従業員が合併案に抗議(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン