• 印刷する

海運ハパックロイド、通期は82%減益

ドイツの海運大手ハパックロイド(Hapag-Lloyd)は14日、2023年12月期の純利益が29億5,100万ユーロとなり、前期比82.7%縮小したと発表した。1年前は輸送のボトルネックによる運賃高騰が追い風になり記録的な利益をたたき出したが、23年はその反動で大幅減となった。

売上高は48%減の179億3,000万ユーロ。輸送量はTEU(20フィートコンテナ換算)で1,190万7,000個と、0.5%増加した。平均輸送料はTEU当たり1,500ドルと、47.6%低下している。

EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は44億6,100万ユーロとなり、前期比77%減少。これをベースとする利益率は25%と、1年前から31ポイント悪化した。

ハパックロイドは今年について、紅海でイエメンの親イラン武装組織フーシ派による商船への攻撃が継続していることから、収益の減少は避けられないとみている。EBITDAは10億~30億ユーロ、EBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)ベースでは、10億ユーロの赤字~10億ユーロの黒字になると予想している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マクロン氏、ドイツ国賓訪問 欧州議会選に向け両国の結束強調(05/28)

ドイツ鉄道物流部門の売却、最終候補に4社(05/28)

独ペニー、ブカレストにレジなし店舗開店へ(05/28)

自動車VW、「代理店販売モデル」拡大計画(05/28)

独カールマイヤー、ルーマニア工場建設へ(05/28)

Ifo企業景況感、5月は横ばい(05/28)

独、政治家襲撃やまず=州議2人負傷(05/28)

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン