• 印刷する

メルセデス、25万台リコール=発火の危険

ドイツの自動車大手メルセデス・ベンツ・グループ(旧ダイムラー)は、世界で約25万台のリコール(無料の回収・修理)を迫られている。連邦陸運局(KBA)が19日明らかにした。KBAは、発火の危険があると説明している。

リコール対象は高級車メルセデス・ベンツの「AMG・GT」のほか、「Cクラス」や「Sクラス」など計9車種で、いずれも2023年に製造された車両。

対象車はヒューズが要件を満たしていない可能性があるという。接触が失われたり接触抵抗が増加すると、エンジン故障やメータークラスターなどの損傷につながり、火災を引き起こす恐れもある。

KBAはこれまでのところ、人的被害や物的損害の報告は受けていない。ドイツ国内のリコール対象台数は約3万7,000台。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

欧州の航空会社、欠航最多はルフトハンザ(04/18)

独自動車部品フフ、ルーマニアに試験施設(04/18)

シュタインマイヤー大統領、来週トルコ訪問(04/18)

海運ハパックロイド、港への投資拡大(04/18)

自動車VW、南ア工場を拡張=2億ドル投資(04/18)

中国、欧州向け貨物列車輸送1割増(04/18)

独中首脳、貿易環境を協議 競争条件改善に向け関係発展へ(04/17)

与党、気候保護法改革で合意=太陽光促進も(04/17)

ルフトハンザ航空、ストで業績下方修正(04/17)

サンタンデール、ドイツで500人削減(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン