• 印刷する

食品ユニリーバ、通期は13.7%減益

英国の食品・家庭用品大手ユニリーバは8日、2023年12月通期の純利益が71億4,000万ユーロとなり、前期比13.7%減少したと発表した。全地域で増収を達成したが、グループ会社の売却に絡む納税拡大などが押し下げ要因となった。自社の競争力については、なお振るわず、総合的なパフォーマンスを改善する必要があると危機感を示している。

売上高は596億400万ユーロと、継続事業・恒常為替レートベースで7%増えた。地域別に見ると、欧州は4.1%の増収。米大陸は9.3%伸び、うち中南米が14.9%、北米は5.8%それぞれ増加した。新興市場を含むその他の地域は6.5%拡大し、うちトルコやアフリカは2桁台の成長を見せた。中国はデフレーションの影響で1桁台の伸びにとどまった。

事業別では、パーソナルケア部門は8.9%伸び、ビューティー&ウェルビーイング部門は8.3%増加。ニュートリション部門は7.7%、ホームケア部門は5.9%それぞれ増えた。アイスクリーム部門は2.3%拡大している。

グループの営業利益(事業買収・売却や関連コスト、特別損益除く)は99億3,100万ユーロと2.6%拡大。これをベースとする利益率は16.7%と、0.6ポイント上昇した。

同社は今年について、増収率は目標の実質3~5%の範囲内になると予測。営業利益率は、生産性の改善取り組みやインフレの正常化により、やや改善するとの見通しを示した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン