• 印刷する

コスト10億ポンド削減へ セインズベリー、独格安社に対抗

英国のスーパー大手セインズベリーは7日、2027年3月までの新戦略を発表した。今後3年間で10億ポンドのコストを削減し、株主への還元を拡大する計画を示した。食品販売を強化し競争力のある価格で提供することで、ドイツの格安スーパー大手アルディとリドルへの顧客の流出を食い止めることを狙う。

コスト削減では、配送や廃棄、補充の費用を減らすほか、自動化を拡大することで節減を進める。今年3月までの3年間では、13億ポンドの削減目標を掲げていた。株主への還元は、4月に始まる24/25年度から累進的配当により減配はせずに配当水準の維持または増配とし、同年度中に2億ポンドの自社株買い戻しを実施する。

新戦略では、食品部門の販売量拡大を目指す。また、ロイヤルティープログラムの強化と、傘下のカタログ販売アーゴスの販売額拡大も掲げる。設備投資は年8億~8億5,000万ポンドに増やす。フリーキャッシュフローは年5億ポンド以上とし、今後3年間で16億ポンド超を見込む。

サイモン・ロバーツ最高経営責任者(CEO)は、「セインズベリーを次のレベルに引き上げて顧客と従業員に利益をもたらすことで、株主への利益還元も強化する」と述べている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン