• 印刷する

英中銀、政策金利据え置き 4会合連続=当面は現水準維持

英中銀イングランド銀行は1日、1月31日に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利を5.25%に据え置くことを決めたと発表した。大方の予想通り、4会合連続での据え置きとなった。当面は現行水準で金利を維持する姿勢で、早期の利下げ観測は遠のいたとの見方が出ている。

議事録によると、今回のMPCでは金融政策委員9人のうち6人が据え置きを支持。2人が5.5%への利上げを主張した一方、1人は逆に5%への利下げを唱えるなど意見が割れた。

中銀は、インフレ見通しを昨年11月時点から下方修正したものの、「インフレ率を中期的に目標の2%に戻すには制限的な金融政策を十分な期間続ける必要がある」として従来の姿勢を堅持した。米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)は金融緩和の可能性を示し始めたが、英中銀は国内の賃金の伸びがかなり高いため、長期的なインフレ圧力は他国とは異なると説明している。

ベイリー総裁は記者会見で、「インフレ圧力が利下げに十分なほど緩和されたという証拠が必要」と指摘した上で、「重要なのは現行金利をいつまで維持するかだ」と述べた。これは、市場が期待するほど早期には利下げを行わない可能性を示したものとみられる。

昨年12月のインフレ率は4%。中銀は第2四半期(4~6月)には一時的に2%まで低下するものの、その後は再び上昇に転じると予想する。年末には2.75%、2年後は2.3%と引き続き目標を上回り、3年後に1.9%まで低下するとしている。


関連国・地域: 英国EU米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ボディショップ、身売先決定 資産家率いるコンソーシアムに(07/19)

英アイルランド首脳会談、関係改善で合意(07/19)

失業率、5月は4.4%で横ばい(07/19)

BP、次世代燃料の中国社に出資=15%(07/19)

ユニリーバ、印で浄水器事業売却へ(07/19)

アディダス、商標巡り米ブランドと法廷紛争(07/19)

セルビア政府、資源リオのリチウム事業許可(07/18)

英国王が施政方針演説 40法案発表=AI規制は見送り(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン