ASML、移民削減政策に懸念=人材不足に

半導体製造装置で欧州最大手のASMLホールディング(オランダ)のピーター・ウェンニク最高経営責任者(CEO)兼社長は、就労目的の移民受け入れを制限する政策への懸念を改めて表明した。国内で十分な人材を確保できない場合、外国への事業移転を迫られている可能性があると…

関連国・地域: オランダ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

オランダのインフレ率、5月は2.7%(06/18)

中国、EU産豚肉に反ダンピング調査=報復(06/18)

韓国LS、オランダ向け送電ケーブル量産(06/17)

バス製造VDL、北マケドニアで拠点取得(06/14)

フィリップス、北部工場で400人削減へ(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

肥料ヤラ、グリーン水素プラントを開所(06/13)

食肉ビオン、独からの撤退計画=業界再編も(06/13)

アムステルダム、中国製の監視カメラ撤去へ(06/12)

オランダ、家庭や建物からのCO2排出減少(06/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン