ソフトSAP、8千人整理=AIなど強化

ドイツの企業向けソフト大手SAPは23日、人工知能(AI)など戦略的な成長分野の強化に向けた事業再編計画を明らかにした。AIの活用による合理化を進める方針で、グループ全体で約8,000人の雇用に影響が及ぶとしている。 対象となる従業員には、早期退職プログラムや新たな技…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

米アマゾン、独で100億ユーロの追加投資(06/21)

EU、露産LNGに初制裁 域内港で第三国向け積み替え禁止(06/21)

AfDとCDUの接戦に=ザクセン州議会選(06/21)

オランダの水素パイプ社、2千万ユーロ調達(06/21)

ドイツテレコム、SBなど4社とAI合弁(06/21)

米半導体ウルフスピード、独工場の建設遅延(06/21)

総合電機シーメンス、スイッチギア工場拡張(06/21)

ドイツ銀、外部コンサル費用を7割削減(06/21)

生産者物価、5月は2.2%低下(06/21)

フォード、ケルンで人員削減 経営陣が6月末に計画発表へ(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン