• 印刷する

ランクセス、IBUテックと提携=電池開発

ドイツの化学大手ランクセスは23日、リン酸鉄リチウムイオン電池(LFP)の開発で、欧州で唯一のLFP正極材メーカーIBUテック(ドイツ)と提携したと発表した。正極材の製造に用いる新たな酸化鉄を共同で作り出し、電池性能の向上と欧州でのバリューチェーン構築を目指す。

LFPはニッケル系(NCA:ニッケル・コバルト・アルミ)・三元系(NCM:ニッケル・コバルト・マンガン)の電池と比較して、エネルギー密度が低いとされる。一方、発火リスクの低さやコストメリットから中国の電気自動車(EV)メーカーなどが多く利用している。

両社はエネルギー密度や充電速度の向上、充電サイクルの最適化などに向け共同で研究に取り組む。IBUテックはドイツ中西部チューリンゲン州ワイマールに拠点を構え、LFP正極材の製造では100年以上の歴史がある。

欧州でのLFP電池のバリューチェーン構築を目指す(ランクセス提供)

欧州でのLFP電池のバリューチェーン構築を目指す(ランクセス提供)


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン