• 印刷する

独鉄道運転士、24~29日スト 過去2カ月で4度目=全国に影響

ドイツの鉄道運転士労組GDLは22日、24日から6日間のストライキを実施すると発表した。ドイツ鉄道(DB)との団体交渉に進展が見られないためで、期間中は全国の交通に大きな影響が出るとみられる。GDLによるストは過去2カ月余りで4度目。一連の交渉においては最長期間の実力行使に出る。

ストは24日午前2時(現地時間)に開始し、29日午後6時まで行われる。貨物列車の運転士は、23日午後6時からストに突入する。

GDLはかねて、少なくとも月555ユーロの昇給や、週38時間から35時間へ労働時間の短縮などを要求している。DB側は最新の交渉で、8月から平均4.8%、2025年4月からはさらに5%の賃上げを提案。さらに、26年からは労働時間を週37時間に変更できる権利を従業員に与え、短縮しない場合は追加で賃金を支払うことなどが内容に盛り込まれた。

これに対しGDLは「DBは改善した提案を持ち込むかと思っていたが、これまで通り非協力的で対立をあおるような提案だった」とコメントしている。

同労組は10~12日にもストを強行し、長距離列車や地域列車の大半が運休となった。今回のスト期間も、交通網の大幅な乱れが予想される。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

医薬品容器ゲレスハイマー、伊同業を買収(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

DHL、中国初のNEV専用拠点を上海開設(05/24)

強制送還、第1四半期は34%増加=ドイツ(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン