• 印刷する

タタ、英で2800人削減 2高炉閉鎖=低炭素化で

インドの鉄鋼大手タタ・スチールは19日、今年中にウェールズ南部ポートタルボット(Port Talbot)の製鉄所の二つの高炉とコークス炉を閉鎖すると発表した。二酸化炭素(CO2)排出量が少ない電炉に転換するためで、最大2,800人の人員を削減する。

高炉の一つとコークス炉は今年半ばに、残り一つの高炉は年後半に、それぞれ段階的に閉鎖する。影響を受ける従業員2,800人のうち、2,500人の人員整理は向こう1年半に実施される。依願退職を最大限に活用する方針で、退職手当や再訓練などに1億3,000万ポンドを充てる。

タタは今回の措置により、「10年以上にわたる損失を挽回し、旧式の高炉から、よりサステナブルなグリーン鉄鋼事業へと転換することが目的」と説明。これにより、既存製品の生産能力をほぼ維持しながら、年間CO2排出量を英国の総排出量の1.5%に相当する500万トン削減できるとしている。

同社は昨年9月、ポートタルボット製鉄所の低炭素化に向け、英国政府から5億ポンドの補助金を獲得していた。電炉への転換には総額12億5,000万ポンドが必要で、残りはタタが負担する。[労務][環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

G7、露資産によるウクライナ支援で合意へ(05/20)

ポルシェEV、タイで新型モデルの予約開始(05/20)

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン