• 印刷する

EV急速充電事業を立ち上げ セインズベリー、100店舗で展開

英国のスーパー大手セインズベリーは12日、電気自動車(EV)の急速充電事業「スマートチャージ」を立ち上げたと発表した。充電のついでに買い物をする客を取り込む狙い。

国内100店舗超に充電器を設置する(セインズベリー提供)

国内100店舗超に充電器を設置する(セインズベリー提供)

年内に100カ所超の店舗に750基超の充電器を設置する。これにより、セインズベリーは急速充電サービスプロバイダーとして国内で5本の指に入ることになる。

充電器の出力は150キロワット。最短30分で200マイル(322キロメートル)分の充電が可能だ。すでに20店舗超に導入されている。

同社の調査によると、ドライバーの80%が公共の充電器の使用を敬遠し、EVでの長距離移動を避けているという。理由は「公共の充電器は故障しているから」が40%を占めた。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車電機小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン都市圏への投資拡大 FDI件数、23年は欧州トップ(07/12)

英新首相、米・ウクライナ大統領と初会談(07/12)

スコットランド最大のEV充電ハブが稼働(07/12)

ヒースロー空港、着陸料引き下げへ=CAA(07/12)

トタル、UAEのLNG事業に出資参画(07/12)

マスダール、北海の風力発電で開発許可申請(07/12)

英富裕層、6分の1が国外流出=28年までに(07/12)

防衛技術ヘルシング、4.5億ユーロ調達(07/12)

新政権、投資促進へ基金設立 200億ポンドの民間投資誘致(07/11)

新政権の基金、目標達成には追加投資が必要(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン