• 印刷する

EV急速充電事業を立ち上げ セインズベリー、100店舗で展開

英国のスーパー大手セインズベリーは12日、電気自動車(EV)の急速充電事業「スマートチャージ」を立ち上げたと発表した。充電のついでに買い物をする客を取り込む狙い。

国内100店舗超に充電器を設置する(セインズベリー提供)

国内100店舗超に充電器を設置する(セインズベリー提供)

年内に100カ所超の店舗に750基超の充電器を設置する。これにより、セインズベリーは急速充電サービスプロバイダーとして国内で5本の指に入ることになる。

充電器の出力は150キロワット。最短30分で200マイル(322キロメートル)分の充電が可能だ。すでに20店舗超に導入されている。

同社の調査によると、ドライバーの80%が公共の充電器の使用を敬遠し、EVでの長距離移動を避けているという。理由は「公共の充電器は故障しているから」が40%を占めた。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車電機小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、ウクライナに追加支援 5億ポンドの軍備供与を約束(04/24)

移民ルワンダ移送法案、議会通過=夏実行へ(04/24)

中銀、利下げは8月か=市場予測(04/24)

JDスポーツ、米ヒベットを買収(04/24)

シェルやトタル、UAEでLNG事業参画か(04/24)

自動車販売ペンドラゴン、人員整理を計画(04/24)

食品ABフーズ、上半期は37%増益(04/24)

アストンマーティン、UAEで不動産事業(04/24)

飲酒での死亡、コロナ禍で過去最多に=英国(04/24)

カナリア諸島、オーバーツーリズムに抗議(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン