• 印刷する

独首相、農家補助縮小を強調=デモ拡大も

ドイツのショルツ首相は8日、2024年度予算で農業生産者向けのディーゼル燃料補助を段階的に縮小する方針を改めて示した。国内の主要道路などではこの日から抗議活動が行われ、交通網に大きな混乱が生じたが、政策を推し進める姿勢を強調した。

ショルツ氏は8日、首都ベルリンでルクセンブルクのフリーデン首相と会談。その後に行われた記者会見で農家補助について質問されると、「われわれの提案は、正しくバランスが取れたものだと信じている」と述べ、理解を求めた。ドイツの連立与党3党は、農業生産者向けの燃料補助を24年内に40%、25年に30%削減し、26年に打ち切る方針を掲げている。

農業生産者らはこれを受け、8~12日にかけて全国でデモ活動を行うと発表。初日はベルリンやミュンヘン、ハンブルクの高速道路をトラクターで閉鎖するなどして抗議した。

ブルームバーグによると、道路が閉鎖されたことで、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は北西部ニーダーザクセン州エムデン(Emden)工場に従業員が出勤できない事態となった。南部地域でも、燃料の配送が滞るなど影響が出ているという。

鉄道運転士労組GDLも10~12日にストライキを実施する予定で、国内の交通網には今後も大きな混乱が生じると予想される。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリー独首脳会談、EUの競争力協議(06/25)

コベストロ、身売り交渉入り ADNOCが1株62ユーロ提示(06/25)

副首相、中国に対露輸出停止要求=欧州製品(06/25)

コンチネンタル、ルーマニアに新生産施設(06/25)

エンジンのドイツ、軍事分野進出に意欲(06/25)

EUと中国、協議入りで合意=EV関税巡り(06/25)

アパレルのヒューゴ・ボス、欧州回帰を検討(06/25)

Ifo企業景況感、6月は悪化(06/25)

シーメンス・エナジー、サウジで火力発電(06/25)

BMW、LIB発注取り消し ノースボルト納品に遅れ(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン