24年の機械生産高、4%減=見通し下方修正

ドイツ機械工業連盟(VDMA)は12日、2024年の機械生産高が前年比で実質4%減少するとの見通しを示した。11月に発表した実質2%減との予想を下方修正した。引き下げの理由について、VDMAは「受注残の減少によって、生産を支える力がますます低下しているため」と説明した…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

独企業の半数「産業空洞化の流れ止まらず」(06/19)

中国製EV輸入台数、15.7%減少=1~4月(06/19)

ポルシェSE、自動運転AIに投資=カナダ(06/19)

太陽光発電設備容量、1~4月に35%増加(06/19)

北ドイツ銀、航空機融資事業から撤退(06/19)

ボイラーのフィスマン、部品ECに出資(06/19)

独景気期待指数、6月は0.4ポイント上昇(06/19)

ジール・アベッグ、ベトナム南部工場が開所(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン