• 印刷する

アストラゼネカ、米社を買収 呼吸器系ウイルスのワクチン強化

英国の製薬大手アストラゼネカは12日、ワクチン開発の米アイコサバックス(Icosavax)を買収することで合意したと発表した。取引金額は最大で11億ドルに上る。これにより、アストラゼネカは呼吸器系ウイルスのワクチンを強化する。

アストラゼネカは、全株式の買収に向け公開買い付けを開始する。条件は1株当たり15ドルと、11日終値に43%のプレミアムを上乗せした水準。一定の規制上および販売上のマイルストーンを達成した場合には、1株当たり最大5ドルの現金を支払う不確定価額受領権(CVR)も付与する。

アイコサバックスは、ウイルス様粒子(VLP)プラットフォーム技術を用いて、感染症に対するワクチンを開発している。呼吸器合胞体ウイルス(RSV)感染症とヒトメタニューモウイルス(hMPV)感染症を標的とする混合ワクチン候補「IVX―A12」も開発中で、第2相臨床試験では両ウイルスに対する強固な免疫応答が示され、第3相臨床試験の準備も完了した。同社は2021年に米ナスダック市場に上場している。

アストラゼネカはVLPワクチンについて、自然界に存在するウイルスが体内の免疫系にどのように作用するかを模倣しているため、従来のワクチンに比べて強い免疫応答と広い防御範囲、長い持続性があるうえ、副反応の発生率も低いと説明している。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン