• 印刷する

ディスプレー事業を分離 コンチネンタル、売却も検討

ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは4日、ダッシュボードやディスプレーを製造するユーザーエクスペリエンス事業をスピンオフ(事業の分離・独立)する計画を明らかにした。中期目標の達成に向けた取り組みの一環で、同事業の売却など戦略的な選択肢も検討する。

同事業の今年の売上高は、約35億ユーロになる見通し。コンチネンタルは11月、自動車部門で数千人の従業員を整理すると明らかにした。2025年までに年間4億ユーロのコスト削減を目指しており、同部門の事業領域を六つから五つに減らすことを決めている。

コンチネンタルは併せて、今後5年間の売上高とEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)ベースの利益率の目標を明らかにした。売上高は、今年の見通しの410億~430億ユーロから、2~3年の短期では440億~480億ユーロ、3~5年の中期では510億~560億ユーロに増やす。利益率については、今年の5.5~6.5%から中期的には8~11%に引き上げることを目指す。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

独企業の半数「産業空洞化の流れ止まらず」(06/19)

中国製EV輸入台数、15.7%減少=1~4月(06/19)

ポルシェSE、自動運転AIに投資=カナダ(06/19)

太陽光発電設備容量、1~4月に35%増加(06/19)

北ドイツ銀、航空機融資事業から撤退(06/19)

ボイラーのフィスマン、部品ECに出資(06/19)

独景気期待指数、6月は0.4ポイント上昇(06/19)

ジール・アベッグ、ベトナム南部工場が開所(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン