• 印刷する

欧州委、6社に違反警告 自動車バッテリーで価格カルテル

欧州委員会は11月30日、自動車の始動用バッテリーで価格カルテルを結んでいた疑いがあるとして、バッテリーメーカーなど6社と欧州自動車・産業用電池生産者協会(EUROBAT)に異議告知書を送付したと明らかにした。競争法違反が確定すれば、売上高の最大10%の罰金が科される可能性がある。

警告の対象となったのは、バナー、クラリオス、エキサイド、FETと同社の前身のエレットラ、ロンバット、EUROBATにサービスを提供していたケレンの6社。このうちバッテリーメーカー5社は、2004年から17年にかけて、EUROBATが発案した自動車メーカーとの価格交渉システムを採用して製品の価格をすり合わせていた疑いがある。ケレンについては、EUROBATの価格交渉システムがカルテルにつながる可能性があることを認識していたにもかかわらず、各社にシステムの利用を促していたことが問題視されている。

各社は異議告知書の内容を精査した上で、欧州委に自社の見解を申し立てることができる。一方、欧州委は引き続き、始動用バッテリーの価格が不当に釣り上げられていた可能性について調査を進める。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

<特別寄稿>緊迫する紅海情勢(02/23)

ハンガリーの農薬使用、EU平均下回る(02/23)

ユーロ圏総合PMI、過去8カ月で最高(02/23)

欧州エネルギー安保に新リスク(02/23)

国連海事トップ、迂回で拿捕懸念=紅海問題(02/23)

欧州の風力発電、老朽化への対応が急務に(02/23)

欧州人工衛星、29年ぶりに地球に帰還(02/23)

欧州委、携帯2社のスペイン事業統合を承認(02/22)

ベルギー、EUエネルギー課税改正採択企図(02/22)

【ウイークリー統計】第158回 農地価格、EU域内で大きな格差(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン