• 印刷する

サウジ社、ヒースロー株取得 株式10%を獲得=10億ポンド

サウジアラビア政府系基金パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は29日、ロンドン・ヒースロー空港を運営するヒースロー・エアポートの株式10%を取得することで合意したと発表した。スペインの建設大手フェロビアルの保有株25%のうち10%を約10億ポンドで買い取る。

フェロビアルの残り株15%は、フランスの投資会社アーディアン(Ardian)が取得することが決まっている。フェロビアルによると、25%の売却額は24億ポンド。取引の完了には当局の承認が必要となる。

フェロビアルは2006年にBAA(現ヒースロー・エアポート)の株式55.87%を取得したが、その後は徐々に出資比率を引き下げていた。今回の売却で、17年にわたる出資から手を引くことになる。

ヒースロー・エアポートにはカタール投資庁(QIA)も20%を出資しており、PIFの参入により中東系資本が3割に達する。他には、カナダのケベック州貯蓄投資公庫(CDPQ、12.6%)、シンガポール政府系投資会社GIC(11.2%)、オーストラリアン・リタイアメント・トラスト(ART、11.2%)、中国政府系ファンドの中国投資(CIC、10%)、英大学退職年金基金(USS、10%)などが、同社の株式を保有する。

ヒースロー・エアポートはコロナ禍以降、3年連続で赤字を計上。また、航空業界の圧力で英民間航空局(CAA)から空港使用料の大幅な引き下げを命じられている。


関連国・地域: 英国フランススペイン中東
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

露、英との漁業協定を破棄=制裁に報復(02/23)

ルートンで電動バン生産 ステランティス、25年から(02/23)

ユーロ圏総合PMI、過去8カ月で最高(02/23)

ロールス・ロイス、大幅増益=全部門好調(02/23)

ロイズ銀、自動車ローン調査に絡み引当金(02/23)

北ア当局、富士通との契約巡り英政府と協議(02/23)

製薬インディビオ、主要上場先の米移行計画(02/23)

オンワード、ジョゼフ子会社を日本に設立(02/23)

英領北ア公務員局、オフィス4割削減へ(02/23)

チャールズ国王の新紙幣、6月から流通(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン