• 印刷する

サウジ社、ヒースロー株取得 株式10%を獲得=10億ポンド

サウジアラビア政府系基金パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は29日、ロンドン・ヒースロー空港を運営するヒースロー・エアポートの株式10%を取得することで合意したと発表した。スペインの建設大手フェロビアルの保有株25%のうち10%を約10億ポンドで買い取る。

フェロビアルの残り株15%は、フランスの投資会社アーディアン(Ardian)が取得することが決まっている。フェロビアルによると、25%の売却額は24億ポンド。取引の完了には当局の承認が必要となる。

フェロビアルは2006年にBAA(現ヒースロー・エアポート)の株式55.87%を取得したが、その後は徐々に出資比率を引き下げていた。今回の売却で、17年にわたる出資から手を引くことになる。

ヒースロー・エアポートにはカタール投資庁(QIA)も20%を出資しており、PIFの参入により中東系資本が3割に達する。他には、カナダのケベック州貯蓄投資公庫(CDPQ、12.6%)、シンガポール政府系投資会社GIC(11.2%)、オーストラリアン・リタイアメント・トラスト(ART、11.2%)、中国政府系ファンドの中国投資(CIC、10%)、英大学退職年金基金(USS、10%)などが、同社の株式を保有する。

ヒースロー・エアポートはコロナ禍以降、3年連続で赤字を計上。また、航空業界の圧力で英民間航空局(CAA)から空港使用料の大幅な引き下げを命じられている。


関連国・地域: 英国フランススペイン中東
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドン都市圏への投資拡大 FDI件数、23年は欧州トップ(07/12)

英新首相、米・ウクライナ大統領と初会談(07/12)

スコットランド最大のEV充電ハブが稼働(07/12)

ヒースロー空港、着陸料引き下げへ=CAA(07/12)

トタル、UAEのLNG事業に出資参画(07/12)

マスダール、北海の風力発電で開発許可申請(07/12)

英富裕層、6分の1が国外流出=28年までに(07/12)

防衛技術ヘルシング、4.5億ユーロ調達(07/12)

新政権、投資促進へ基金設立 200億ポンドの民間投資誘致(07/11)

新政権の基金、目標達成には追加投資が必要(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン